未来で後悔しない為にコミュニケーションアプリ利用時に注意することを確認するサイト

アプリにはどんな危険があるの?

むやみに個人情報を発信しない

アプリで自己を発信し、そこから気の合う人々と知り合いコミュニティを築いていくことはとても楽しいものです。
また、自分の発言に他者が関心を持ってくれることは嬉しくもあります。
しかし、ほんの軽い気持ちで発信した内容や投稿した写真から他者に特定され犯罪に巻き込まれたり危害を加えられることもあるのです。

コミュニケーションアプリのほとんどは、本名ではなくニックネームで利用できるもの。
つい、このくらいは大丈夫だろうと自身を写した写真や調べれば居場所を特定出来てしまうような発言をしていませんか?

アプリは信頼出来る人物だけが利用しているのではありません。
また、アプリに載せた写真を誰かにネット上に公開されてしまうと自分の意志では消せず一生残ってしまう可能性もあります。
内容をみて誰かが簡単に特定出来てしまうような名前や住所、自身の写真は発信しないようにしましょう。

使用するIDやパスワードに気をつける

IDとパスワードは、基本的にどのアプリでも登録が必要です。
複数アカウントを所持する時は、一つ一つIDとパスワードを違うものに変え他者に特定されないように複雑化して設定することが大切です。

しかし、ついお気に入りのIDを使いまわしたり、登録時毎回考えることが面倒でパスワードを単調に設定していたりしませんか?
アカウントの乗っ取り被害はIDやパスワードの設定、または管理の甘さから起こります。
そして、IDやパスワードをネット上に公開されてしまえば第二・第三の被害が起きてしまうかもしれません。
また、IDやパスワードの漏洩によりアプリ登録時に入力した電話番号などの個人情報も一緒に漏洩している可能性もあるのです。

アカウントを乗っ取られない、情報を抜き取られない様にする為には例え面倒でもIDやパスワードを特定されないように複雑化し、登録する時は毎回違うものを設定し使いまわさないことが大切です。


この記事をシェアする